気をつけるべき部分

病気になっていない人ができる

虫歯や歯周病など、歯の病気になっている人はホワイトニングを体験することができません。
薬剤が刺激を与えて、さらに病気を悪化させてしまうからです。
歯の病気になっている人は、完治してからホワイトニングをしてください。
病気を治すことを優先しましょう。
治れば自由にホワイトニングができるようになります。

ホワイトニングをする前に、歯医者に行って歯の状態をチェックしてもらうといいでしょう。
まだ痛みなどの症状が出ていなくても、病気になりかけている可能性があります。
その状態の時も、ホワイトニングができません。
早い段階で異常を見つけて治療すれば、すぐに治せるので安心してください。
放っておくことのないようにしましょう。

ホワイトニングが終わったあと

ホワイトニングが終わったら、しばらく歯に刺激を与えたり、着色汚れがつきやすい飲食物を摂取することは控えてください。
歯に刺激を与えるものは、辛いものです。
カレーやキムチなどは、ホワイトニングが終わって1週間程度経過してからにしましょう。
コーヒーやワイン、紅茶などは着色汚れがつきやすいドリンクなので気をつけてください。

特にコーヒーや紅茶は手軽にのめるドリンクなので、毎日摂取している人もいるでしょう。
ですがホワイトニングが終わって数日間は、水を飲むようにしましょう。
果汁が含まれたジュースも、着色汚れが付く可能性があります。
何を飲めばいいのか分からなくなってしまうことが考えられますが、水を飲んでいれば大丈夫です。



TOP